失敗!漫画実写化映画ワースト8作品ほんとにつまらないよ、、

スポンサーリンク

漫画の実写映画化は、漫画のイメージがあるので大概つまらないと思うものが多いです。

もちろん「映画は漫画とは別物」と切り離して考えれば楽しめる作品もあります。

が、しかし

原作の漫画が好きで実写化された映画を見ると大抵怒りがこみあげてくるほどつまらない!

これまで見てきた漫画実写化映画で何だこれ?!つまらなすぎる!と思った失敗作をここにぶちまけたいと思います。

この記事を読んでも何も得るものはないと思うので、よっぽどヒマな人だけ読んでください。

Attention!

これはあくまで個人的な感想です。

けちょんけちょんに酷評します。

この中に好きな映画がある人はごめんなさい!先に謝っておきます。

並び順は適当。ランキング形式ではありません。

漫画実写化した映画ワースト8作品

時間のムダ!つまらなすぎる漫画実写化映画

あしたのジョー

時代を超えた超人気漫画『あしたのジョー』を完全実写映画化!昭和40年代、東京の下町でケンカにあけくれ、殺伐とした生活を送っていた矢吹丈が、元ボクサーの丹下段平にボクサーとしてのセンスを見出され、またエリートボクサー・力石徹との出会いによって、ボクシングの道を歩んでいく…。

原作漫画ファンなので興味本位で観たあしたのジョー。

わかってた。まず、主役が山下智久くんの時点で微妙であろうことは!

映画館に行って観たのですが、あんなに大音量なのに山下智久くんがもごもごしゃべるせいで何言ってるかわかりませんでした。字幕付けてくれ

ボクサーの役だからがんばって体鍛えたのはわかります。でもその前に演技の勉強もしてください。演技の勉強をおろそかにして顔や若さに頼ってるんじゃ先が知れてます。亀梨くんは演技上手なのにね。舞台とかやってるせいかな?

演技の基礎である発声からやり直し。話はそれからです。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

諫山創による大人気コミックの実写映画化。百年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は喰われ、文明は崩壊した。この巨人大戦を生き残った者たちは、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。しかし、ある日突然現れた想定外の超大型巨人によって壁は破壊され、穿たれた穴から無数の巨人が壁の中へと侵入。長年にわたる平和の代償は、惨劇によって支払われることとなった。それから、二年。活動領域の後退を余儀なくされた人類は、対巨人兵器、立体機動装置によって武装した調査団を結成。奪われた土地を巨人から取り戻すべく、外壁の修復作戦に踏み切るが…。

PG12指定の漫画実写化映画「進撃の巨人」

壁が崩れてから人が襲われる展開はお金がかかってることだけありますね。

人体破壊描写がたくさんあるのは良かった。映画は漫画にはないオリジナルの展開だけどそれがまたつまらない。

巨人が死んだり人が食べられるところはかなりグロかったです。もっと「命の重み」を描いてほしかった。また、進撃の巨人の醍醐味である立体機動シーンに関しては、CGが大変だからか?戦闘時に使える人が少なくて物足りなかった。原作漫画家である諫山創氏が映画製作に関わっているのにこれじゃぁ、、次回作に期待できない。

イニシャルD THE MOVIE

しげの秀一の人気コミックを、「インファナル・アフェア」シリーズの監督コンビが実写化したカーアクションムービー。驚異のドライビングテクニックを持つ拓海がバトルに挑む。

イニシャルDの実写映画、漫画もアニメも好きなのでこれもまた興味本位で観てみました。期待しないで観たけど、それでもつまらなかった。 これはアニメだけでよろしい。アニメはとてもおもしろいのに、、 そもそも、拓海や文太が韓国人でその中に日本人(なつき)がいるのがおかしい。違和感あり過ぎ。 だったらなつきも韓国人でやったほうがまだ統一感があって観てられる。

テラフォーマーズ

21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。ところが、“ある生物”は人型に異常進化した凶暴な驚愕生物へと姿を変え、隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況のなか、彼らの身体に秘策が仕込まれていたことが明かされる。昆虫のDNAによって虫の姿に“変異”し、超人的なパワーを発揮できるのだ。ついに人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが始まる!だが、その裏で、もうひとつの陰謀が着々と進んでいた─。

テンポが悪く眠くなってしまいました。登場人物同士の会話が長すぎるのは何でなんだろう? 原作漫画を読んでないので何とも言えない部分があるけど、終始退屈で終わりました。とくにおもしろいところもなく、終始内容がめちゃくちゃな感じ。映画は失敗作って感じだけど、漫画はおもしろいのですか?

スポンサーリンク

DRAGONBALL EVOLUTION

日本発の世界的人気コミックを実写化! 衝撃のライブ・アクション超大作!! 今すぐあなたの目でチェック! 別次元の「ドラゴンボール」

原作と違うとかそういうレベルではない。 映画は別物として楽しめたらなと思ったけどムリでした。ドラゴンボールの実写化とあって興味本位で観た人は多いはず。 まず、外人が悟空をするのに違和感があります。「あなたはトランクスくんだよね?」とツッコみたくなる。 亀仙人はただのおじさんだし、、。「これはドラゴンボールではない!ドラゴンボールっぽいB級映画だ!」と思って観れば良いのかもしれません。

北斗の件

週刊少年ジャンプで’83年から5年間連載された人気コミック「北斗の拳」がハリウッドで完全映像化!

完全にギャグ映画です。吹き替え声優はアニメと同じ神谷明さんがつとめています。実写版に神谷さんの声を当てると変な感じがしますが、ギャグだからこれも有りでしょう。ツッコミどころ満載の漫画映画実写化代表作といったところ。ネタとしてどうぞ

ピーチガール

累計1,300万部超えのウルトラヒットコミックがついに映画化!少女コミック史上最強最悪と言われる小悪魔・沙絵役に、永野芽郁、ももをめぐって、カイリと三角関係を繰り広げる、野球一筋の硬派なさわやか男子・とーじ役を新田真剣佑が演じた。話題作への出演が目白押しの最旬キャストが夢の共演。

ピーチガールは漫画の連載当時から読んでいて楽しませてもらっていた作品。それが実写化されるとあってどんなもんかと思って観てみたけど、演技がヘタで内容が入ってきませんでした。キュンキュンもときめきもないく全体的に軽い感じ。 こういう感じ中高生には楽しめるのかな?この映画は役者達のファンが見て楽しむ映画かなと思いました。(山本美月・永野芽郁・真剣佑・伊野尾など)

映画だけみて漫画を読んでない人は、是非漫画を読んでみて欲しい。

デビルマン

途方もなく壮大な黙示録的世界観、読んだ者にトラウマを刻印する凄惨なシーンの数々、斬新なビジュアルデザインで日本漫画の金字塔に輝く永井豪の「デビルマン」。発行部数は800万部に迫り、アメリカを始め世界数十カ国で翻訳・出版された名作が遂に映画化!東映と東映アニメーションのコラボレーションによる驚異の技術力“T-VISUAL”が映像化不能といわれた原作のスペクタクルを忠実に再現している。なお、本作は那須博之監督の遺作となった。

忘れもしない実写映画デビルマン、当時付き合っていた彼氏がデビルマンを観たいと言うので一緒に観に行きました。このときはまだ上映開始したばかりで何の前情報もなくフラットな気持ちで映画館へ。

そして訳わからず映画終了

?!?!!

「ん?!これで終わり?何がどうしてそうなったの?よくわからなかった!え??」

( ゚д゚)ポカーン

彼「なんか、、ごめんねっ。飯おごるわ!」

いや、飯はいいから時間を返せ~。

理解に苦しむほどつまらない映画だった為、終ったあとしばらくポカーンとしてしまいました。

映画終了後、周りもカイジの「ざわ・・・ざわ・・・」みたいになってて「ええ、、」「なにこれ、、」「くそだな」とかぼんやり聞こえてました。今思い返せばおもしろい体験だったなと思います。

まず何がいけないって、主役の子の大根演技!明役の伊崎央登くんの演技が大根すぎて内容が全く入ってきません。「俺、デーモンになっちゃった~」素晴らしい!お手本のような棒読み。 ※ここからちょっとネタバレ。

みきちゃんが殺されて首ちょんぱされた頭を観たときの明の叫び「あ~~~~あーあーーー」ここはちょっと笑ってしまいました。

きっと原作である漫画デビルマンのファンは悲しみと怒りが止まらなと思う。

漫画を知らない人が見たら、「何だこれ?」って感じだと思います。

何を伝えたいのかが謎だし、伏線が全くないのでどうしてそうなったのかが全くわからないので疑問符だらけになります。

デビルマンの名シーンをいろいろ再現しようとした結果、全てが中途半端になってしまった感じかな。深みゼロ。

チープな芝居・演出のせいでCGだけが浮いています。10億円の無駄遣い。

監督はよくこれでOKしたなと思います。

唯一の見所をあげるとすれば、寄生獣の主役である染谷将太くんの子役時代が観られるところくらい。染谷くんのことあんまり興味ないけども、、。あと、見事な大根演技が観られるところでしょうか。

漫画を実写化するのもほどほどにしたら?と思うけど、必ず映画をヒットさせる為には

人気の漫画を映画化したほうが手っ取り早いのでしょうね。流行りの役者を使えば尚のこと。わかるけどさ、わかるけども。

ちなみにデビルマンはAmazonプライムビデオで無料で観ることができます。

Amazonプライムビデオ

そんな感じでございます。もし観るなら、時間をムダにすることを覚悟して観て下さいね。

Amazonプライム会員になって良かった!だけどメリットばかりじゃないよ – つばめの自由帳

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメント失礼致します。
    私、映画がとても好きで「良い映画」も観れば「良くない映画」も好んで観ますが…
    「実写版の」のデビルマンは(色々な意味で)邦画史上最低の出来だなと感じております(観た方の多くは、同じ感想を持つかもしれませんが)。
    つまらない漫画実写化映画をテーマにした記事を拝見して「もしや…!」と思ったのですが…、
    やはり実写版のデビルマンがランクインしていましたね(笑)
    (言い方変かもですが)ランクインしていて何故かホッとしてしまいました(笑)
    コメント失礼致しましたm(_ _)m

  • The ABEE (id:the-abee)さんコメントありがとうございます。史上最低ですよね、デビルマンはある意味語り継がれる不朽の駄作映画です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です